野呂ウィルス感染症例

シルクガーデンで靴下を編みました。ええ色やわ~~~

Socks_2

昨年の今頃も野呂糸で靴下を編んだのです。ブログにもらべりーにも載せる前に擂鉢さんにあげてしまったのだったわ。ブツはすでに手元になく擂鉢さんに履きつぶされているらしいですが写真が残っていましたので

Norogreen_2

地元の毛糸屋にも野呂ウィルスが蔓延中です。ちょっと前は通販でしか買えなかったのにねえ。こないだ糸屋でノロ本の立ち読みして鼻血ブーになりました。あまりにゲージツ的で悶え死にました。

Noro_2

日本の手芸本のモデルさんて妙に内股の慢性ボーコー炎少女か「愛される嫁」系のおばさんが多くてつまらんよねえ。ノロ本のアートなモデルさんみたいに弾けてもらいたいものだ。

ところで、気がついたら今季は足回りのものばっかり作っておるです。

かーちゃんのゲートル。

Cramponcovers_2

これ毛糸だま表紙にのってたレッグウォーマーの模様を間違えて編んでしまったのよ。そしたら縄編みが詰まっていいかんじにマスキュリンになったのし。

Keito147_2

この表紙みたいにパンプスにあわせるオサレなレッグウォーマーというより、わたくしが目指していたアルパインゲートルふうになったのよ。

かといって山登りに行く予定もないので、これ履いて博物館に北極圏調査団の特別展を見に行ってきた、なんとなく気分で。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

毛糸がやってくる

年季のはいった趣味を持っていると、どこからともなく趣味に関連するものが勝手に集まってきたりしませんか。

たとえば、うちの旦那はクルマが趣味なので、要らなくなったクルマをくれる人がいます。廃車にするのも面倒だし、使える部品があれば勝手に使ってくれいということなのでしょう。

わたくし編み物を初めて数年経ちましたが、最近、毛糸をくれる人が現れはじめました。
これもよくある現象らしいですね、ニッターフレンズによると、編み物歴に年季が入れば入るほど、どこからともなく毛糸を引き寄せる引力が身につくらしいよ。

年末年始、箱根駅伝を見に日本に帰っていた擂鉢さんのお母様が断捨離をされたそうで、ぬあんと40年ほど前の高級毛糸を大量にいただいてしまいました。

Wool

可愛い色ばっかり~。擂鉢おかあさまは女の子が生まれたので、かわいらしい色でセーターを編もうとしたと思われます。この色揃えを見ると編み込み模様にする予定だったのかな。

Toyobo

タグにも時代を感じます。標準ゲージとか出てないんですけど、昔の人はそんなもの気にしなかったんでしょうか。たぶん12wpi くらいの太さ。

これはぜひ、うちと擂鉢さんちに小さい子がいるうちに何か作らねば、と思ってしまいますね。どなたか良いパターンをご存知でしたら情報くらさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

きせかえあそび

バービーちゃんのドレスを作りました。

Barbie

バービーは巨乳でウェストが異様に細く化粧がケバい。
やらしーおっさんの妄想から生まれたような非現実な体型が理想であると幼女の心に植え付けるバービー人形を有害な玩具と捉える母親も多い(らしい)。というわけで、うちの長女が5歳のときに着せ替え人形が欲しいと言い出したとき、なんとなくバービーはやめとこうと思った。

んで、オリビアちゃん人形にしたのである。オリビアちゃんは安っぽいプラスチックではなく布でできた着せ替え人形さんで、アメリカのゲーノ―人みたいな露出度の高い服は持ってなくて、女子サッカーチームのユニフォームとか、乗馬服とかを着ているのである。体型は貧乳のずん胴。

良い子のオリビアちゃんはしかし何故かあまり人気がなかった。子供が少し大きくなると、お誕生会のプレゼントなどで、我が家に招かれざるバービーちゃんがもらわれてくるようになった。バービーちゃんをはじめて手にした子供の喜びようったらなかったわ。オリビアちゃんのほうがいい子なのに...

最近、我が家に5人目のバービーが来た。またもやよそ様からのプレゼントである。
ったく5人もバービー人形を持ってるなんて、今の子は贅沢だ!私が子供のころは、中古のリカちゃんひとりを大事に大事にしてたのに...と旦那にぼやいたら、おめーの友達のジェニファーんちの子なんかバービー26人も持ってるってゆってたじゃん?5人なんて少ないほうだ!と。私が子供のおもちゃの数の多さを嘆くと、この男はいつも「ジェニファーんちの子」を引き合いに出すのである。あそこんちはフレンチカナディアンの大家族で、おじちゃんだのおばちゃんだのがうじゃうじゃいるからしょうがないんだよ!プレゼントをくれるようなおじちゃんもおばちゃんもいない我が家と比べんなっつーの。
   
まーね、あり得ない巨乳美人だからってバービーを虐めるのもなんだし、お洋服を作って遊ぶことにしたのよ。

Barbieblue

型紙はキレ屋から買ってきました。今までに見たこともない角度でダーツが入ってるんだけど、型紙屋はバービーの巨乳ぶりをよく理解しているようであった。

もちろん子供らは大喜び。
これを言われるんじゃないかと懸念してたんだけど、「私たちにも同じドレス作って~!!」だって。困ったぞ。君たちの体型じゃ無理だと思うんだけど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年は頑張りません

あっという間に1月も終わりそうですが、みなさまお元気ですか。
今更あけましておめでとうございますもないですが、今年の抱負は 何もかもどうでもいい です。究極の気合の入らなさから、何が創れるかというと前衛的な実験を試みたいと。

年末年始は新潟で編み物をしていました。
そして出来たのがこれですね、前回の毛糸のパンツとおそろいのレッグウォーマー。

Lgwrmer

2012年の編み物ロードマップですが、こちらもあまり気合が入っていなくてですね、
「在庫で小さいものをテキト―に作る」

新しい素材とかテクニックに挑戦しようとか具体的なプランは何もないのよ~
靴下よりもでかいものは編まない気がする。

ブログの更新も頑張らない予定です。
ツイッタ―やってるので近況はツイッタ―からわかるかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011 年 師走

みなさん こんにちは …って誰ももう読んでないよねー…更新リクエストを無視しつづけた2011年のわたくそをどうぞお許しください。

2011年をまとめますと、1月にブログを書いて2月にメキシコで3月は震災情緒不安定で4月は寒くて5月に日本出張で6月に北京出張で7月は屋根を張り代えて8月はトロントで9月は新学期で10月から12月は踊っていました。編み物をしてる時間はあまりなかったです。しかし一年も終わりそうになってから、すんごい可愛いのを作ったので、見てやってください。

Pants_2

可愛すぎるフェアアイルの毛糸のぱんつ!

昨年から編みこみ修行をはじめまして、これが第三作目です。おそろいでレッグウォーマーを作る予定でございます。ええ、娘のものではなくわたくし用ですが、なにか?バレエのおけいこのときに股引の上に履くべと思っているんですが… 発言小町で40代の妻がバレエを習い始めたという旦那さんから こんな相談 がありました。

私はそもそも妻がバレエを習うこと自体が非常に受け入れ難く、妻の踊る姿なぞ想像するだけで頭をかきむしって叫びたくなる程嫌です。」

40代の妻が、こんなにかわゆい毛糸のぱんつを股引の上にはいてバレエを踊っていたら頭をかきむしられたくなるのかもしれないです。しかし、うちのとーちゃんはたぶん大丈夫でしょう。きっと僕の美しい妻には編みこみの毛糸のぱんつが似合うと思ってくれるに違いありません。

去年は2色、今年は4色と着実に編みこみの色を増やしていってですね、再来年くらいには風工房さん設計の10色くらい使うフェアアイルを編んでみたい!!と思ってるのでした。相変わらず志だけは高いですことよ!

みなさま、良いお年をお迎えください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年 新春

新年あけましておめでとうございます。

最近編み物の話ばっかりですみません。
今年の目標は編み物のことばかり考えるのをやめる、です。(ほんとか?)

子供の成長の記録です。

更紗7歳
小学校2年生。立派な活字中毒になりました。
今、電話帳読みにはまっています....少年朝日年鑑を読みまくっていた伯父さんの血が濃いですねこの娘は。
最近、浮いたウワサはありません。元カレがいるそうですが、ザックとトラビスのどっちを元カレと呼ぶか悩み中だそうです。ケッコンの約束をしていたビリーちゃんは元カレですらないそうです...

瑛莉香5歳
年長さんになりました。手話が得意です。手話でポエムもできるんです。
おねえちゃんと一緒にバレエとフィギュアスケートを習い始めました。
氷の上を行く姿はペンギンのようですが、片足でくるっと回ったりします。子供って怖い。
とある男の子に熱烈に愛されているそうで、毎日カードだとか指輪だとかもらってきます...

さてお正月。
子供と神経衰弱ゲームをしていて、ガクゼンとしました。
小学生の頃は神経衰弱が大得意だったのに...この短期記憶力の衰えはいったい何???っていうくらいダメダメでした。3秒前にめくったカードの柄を覚えていられないとわ!?
自慢ですが、わたくしはブキミなほど記憶力が良いことが売りだったのです。新潟大学で心理学専攻をしていて、卒論の記憶の実験でわたしを被験者に使ったひとは覚えていらっしゃるでしょう?生業である翻訳だのライティングだのは、記憶力のおかげさまでここまでやってこれたのに...
もう寄る年波には勝てません...脳の若さで仕事ができる時代は終わるのねえ。
しょうがないから荒業で食っていくのはあきらめて、こつこつと真面目に仕事をする日本人を目指します。

あ、つけたしのようですが、とーちゃんも元気です。今年はついに50歳になるそうですので、6月は豚を一頭つぶして丸焼きしますから、地元の人は来て下さいね。

みなさまにとって2011年が良い年となりますように。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

マイ洞穴、完成

多毛症に対応、あったかさも抜群の頭部防寒具はないだろうかと、昨シーズンから頭巾系のパターンを探しておりました。

で、こんなのを見つけちゃったんですよ。「フード付きネックウォーマー」だそうです。

Zukin

これはイケるかもしれない、と2ドルも払って編み図をダウンロードして作ってみた。

モデルはおねえちゃんにお願いしました。
あったかくていい感じよ。

002

旦那いわく「熊が冬眠するときにもぐるホラ穴を連想させる」ということで、作品名は「マイ洞穴」にしました。

テキストパターンは非常に分かりにくかったのですが、作っていくうちに構造が明らかになりました。どっかで見たことがある構造だなあ、と思ったら、アレでした、「防空頭巾」!

有事の際もこれで準備万全。その節はマイ防空壕と呼ぶことにします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クリスマスリサイタル 2010

今年もダンススクールのクリスマス発表会がありました。

出番はそうですね40秒くらいかな。
しかし、いっちょまえにマチネとソワレの二回公演だったぞ!
今年はエリカさんもおねえちゃんと一緒に登場です。彼女はまだ5歳なので、本来ならばクラスに入れないはずなのですが、うちのとーちゃんが得意のゴリ押しでおねえちゃんと同じクラスにねじ込んでしまったのよ...

ステージ裏で踊り子さんたちを激写してまいりました。
きれいにお化粧してもらったのですが、つけてもらったリップがたいへんおいしそうなにおいだったので、出番がくる前に全部食っちまったらしい...

Dancers

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リッチモア ベストアイズコレクション!!

ニッターフレンドの紫音さんが「ベストアイズコレクション」をプレゼントしてくれました。(紫音ちゃん、ありがとう!!)

Richmore

ハマナカブランドの毛糸、「リッチモア」糸の見本用の作品集です。本屋さんでは買えない、手芸屋さんに売っている編み物雑誌ということで、かなりオタク度が高いかも。
いままで、「濃い」「大げさ」「極めて技巧的」などなど、噂には聞いていたけど現物のベストアイズコレクションをみたことがなかったのですが。。。こりゃ凄いわ。

Vogue みたいにしたいのか、それとも大阪のオバちゃんがターゲットか?(大阪の皆様すみません他意はないです)なんかこう、真面目にモード路線狙いなのか、それとも微妙に「おかんアート」生産者層を狙っているのか、わかんないんだよね。モードっぽさとオカン系の混じり具合は意図的なのか無意識なのか、はたまたウケ狙いか?と迷ってしまうずら。

そんでね、ニット作品も凄いんだけどさ、作品キャプションもすごいのよ。
キャプション読んでみるとですね、「やっぱウケ狙いかも...」という思いが強くなります。

クラフト本のキャプションなんか読んだことない人のために、メインストリームな編み物本キャプションの例を以下に挙げます。

例1)ごくフツーの編み物本キャプション

「グラデーションと裾のスカロップが美しいプルオーバー。デニムなどカジュアルなスタイルに合わせてさらりと着こなしたい」

(出典:2008年雄鶏社handmade 愛しのニット)

例2)「ほっこり度」が高い編み物本のキャプション。自己陶酔大好きなほっこり族向けにポエム入ってます。

「両端についたポケットと、大きなポンポンが大人ニットに遊び心を加えてくれます。左のポケットには、幸運の鍵をそっとしまって...」

出典:2009年日本ヴォーグ社 手編みで冬支度)

それでは、リッチモアベストアイズコレクションのキャプションを以下に紹介します。えへん(咳払い)。
ちなみに、見開き2ページにわたり、あり得ないボリュームのトップ(メリヤスゲージ5目6段/10センチ)にどう見てもマタギの毛皮ゲートルというコーディネートのモデルさんにつけられた文章です。

----------
Stanza4 木枯らし
WinterWind
エチュード第23番イ単調作品25-11

堂々たる行進曲風の第23番の旋律に、半音階的に下降する細かく急速なパッセージ(楽節)が
北風の中に舞い散る木の葉を思わせることからこの題名がついたという。混じりけのない透明感と
素朴な哀しみをたたえたイ単調の響きに、ショパンは大国に翻弄される祖国ポーランドの悲劇を
垣間見たのだろうか?イヤ、結核に冒されたわが身の運命を感じ取っていたのだろうか?
このセクションは都会的でモダンなアウトドアテイストのカジュアルスタイル。
枯れ葉をイマージュさせるグレイッシュなうす茶色とライトグレーがテーマカラー。
-----------

どうよ、この堂々たるクドさ。祖国ポーランドの悲劇に結核に冒された運命だよ?
しかも接続の「イヤ、」はカタカナだよ?
「イメージさせる」じゃなくて「イマージュさせる」だよ?
ほっこり系のスカしたコピーより、なんぼかイッちゃってるよね。

ほかにもですね、

「さざ波調のレーシー編みがアンフォゲッタブル(忘れられない)」とか
「雨音がイメージソースのトランスルーセント(半透明)なバックスタイル」とか

みょーなカタカナ語を使っといて、カッコで日本語の意味を入れてくれる、よくわからない親切心。やはりオカン狙いか?

さらには

「逆光の中で祭壇にぬかずく少女の祈りをイメージさせるモチーフ編み」とか

いったいどんなモチーフだぁっ!!!

もー、こんなに楽しい編み物雑誌は、さすがハマナカさんとしか言いようがないです。

今シーズン、ウエアは編みません宣言してましたが、気が変わりました。
さっそく楽天に赴き、一玉900円とかのラグジュアリー(高級感溢れる)なリッチモア糸をパーチェス(購入)し、大国に翻弄されるショパンの祖国の悲劇、イヤ、彼自身の運命にに思いを馳せつつ、イ単調作品25-11 を聞きながら、おもいっきり大げさで、似合いもしないゲージツ作品を編んでみることにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フェアアイル修行開始

みなさん、お元気ですか。ご無沙汰しております。

さて2010-2011 秋冬シーズンは「セーターを編まない」と決めて小物に専念しておりますが、新しいことに挑戦!をテーマに「かかと」とか「おやゆび」を制覇しようと思っています。しかし「かかと」も「おやゆび」も年内に究められそうにありません。というのも、これもかねてからの懸案である「編み込み」に注力していたからです。はいこれが完成品、フェアアイルのバッグです。

Amikomi

死ぬまでに風工房さん設計の15色くらい使うフェアアイルセーターを編んでみたい。という夢があります。おばさんは今、その夢に向けて小さな一歩を踏み出した。糸のひき加減がわからず編み地がつったり、あまり良い出来じゃないんだけどさ~。

クリスマスっぽい柄なので、クリスマスプレゼントにしようと思います。

次はくつした行きたいんですけど、子供らにスケート用のレッグウォーマーを編めと脅迫されています。こないだ擂鉢さんのレッグウォーマーも編んだから、今シーズン筒ばっかり4組も作ることになりそうだ。おかげさまでだいぶ4本針に慣れました。

年内にもう一個作品をアップできるように頑張ります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«小間物屋はじめました